新町

天下一の花街・大坂新町を歩く

~夕霧太夫の面影を求めて、花魁道中やってみます~

demo demo
徳川幕府によってわが国で最初に公認された遊郭のまち・新町。17世紀初めの大坂城再建時から1956年の国法による禁止がなされるまで350年にわたって、天下一の花街としてその名を轟かせました。いま、その名残りは全くありませんが、どこかしなやかな風情が感じられるのは、まちの記憶のせいでしょうか。初代鴈治郎出生の地であり、住吉大社に「御田」を奉納した廓の心意気があります。九軒堤でお引き摺りの着物に絹傘かざして花魁道中を、ちょっとやってみましょう。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

地下鉄・四ツ橋駅~西六平和塔~新町橋跡碑~新町通(瓢箪町)~新町北公園~新町九軒桜堤跡の碑~千代女の句碑~初世中村鴈治郎生誕の地碑~新町演舞場跡~砂場跡の碑(麺類店発祥の地碑)~地下鉄・四ツ橋駅

実施概要

集合場所
地下鉄四つ橋線四ツ橋駅北改札口前
所要時間
2~3時間

オーダーあそ歩

このコースは10名以上のグループでお申し込みいただければご希望される日程にまち歩きが実施できます。
詳しくはこちらをクリックしてください。