文学:近松門左衛門

『曽根崎心中』の道行をたどって

~未来成仏疑ひなき 恋の手本となりにけり~

demo demo
西鶴、芭蕉と並び江戸時代元禄期の三大文豪といわれた近松門左衛門。その近松の世話物の名作として知られる『曽根崎心中』の主人公・お初と徳兵衛が歩いた道行のルートを辿ります。苦界に落ちた可憐な遊女。憂き世の柵に雁字搦めの男。そんなふたりが出逢ったならば?恋と義理と人情に悩み苦しんだ男と女の運命は、蜆川だけが知っていました・・・。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

阪神・福島駅~梅田三昧~梅田橋跡~蜆川~天満屋跡~出入橋~桜橋~北新地文化銘板~河庄跡~狐塚~徳兵衛大明神~露天神社(最寄り駅:地下鉄・東梅田駅)

実施概要

集合場所
阪神本線福島駅東改札口前
所要時間
2~3時間

オーダーあそ歩

このコースは10名以上のグループでお申し込みいただければご希望される日程にまち歩きが実施できます。
詳しくはこちらをクリックしてください。