天満橋

八軒家浜から蟻の熊野詣界隈を歩く 「八重の桜」コース

~山本能楽堂から西鶴終焉の地、東町奉行所址まで~

demo demo
平安時代には皇族、貴族の熊野詣の起点として、江戸時代には大坂、京都を往き来する三十石船の発着場として賑わった八軒家。現代でも電車や水上バスが行き来して、交通の要所としての役目は昔から変わっていません。そんな熊野街道筋を辿って歩きます。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

京阪・天満橋駅~八軒家浜~八軒家浜船着場跡~熊野街道~大坂町中時報鐘~中大江公園~山本能楽堂~月山貞一旧居跡~井原西鶴終焉の地碑~大阪英語学校跡碑~大坂府庁~大坂東町奉行所址碑~地下鉄・天満橋駅

実施概要

集合場所
京阪電車本線天満橋駅東改札口前
所要時間
2~3時間

オーダーあそ歩

このコースは10名以上のグループでお申し込みいただければご希望される日程にまち歩きが実施できます。
詳しくはこちらをクリックしてください。