市岡(尻無川)

浪花百景・甚兵衛渡しは現役です

~磯路桜通りの見事な景観・市岡浜の倉庫群は水都の奇観~

demo demo
市岡新田は、九条の西側に開墾された土地で当初は九条浦新田と呼ばれていました。安治川、尻無川に挟まれ、西は夕凪堤まで大坂沿岸最大と言われた市岡新田の南半分の尻無川コースを歩きます。昭和初期の遊園地・市岡パラダイスも現地でご案内します。
浪花百景「はぜ紅葉」の甚兵衛渡船場は今も現役です。尻無川右岸に水都大阪の舞台裏を探ります。
demo demo
demo demo

コースの行程

尻無川コースは、最初に市岡高校に寄ります。旧正門の赤煉瓦の門柱では、 野球で名高い「3本線の市岡」を偲びます。電車道「みなと大通り」に沿って磯路桜通りを経て夕凪橋交叉点まで出て、そこから市岡パラダイス跡地に立ち寄ってから尻無川甚兵衛渡船場をめざし歩きます。水温む水面を右に「春のうららの・・・」と都会の水辺を楽しむコースです。安治川とは、違った味のする尻無川堤防歩きが楽しめます。

実施概要

集合場所
JR環状線弁天町駅南口改札前
所要時間
約2~3時間