〈久しぶり〉天満橋

八軒家浜から蟻の熊野詣界隈を歩く

~府庁内の見学も~

demo demo
平安時代には皇族・貴族の熊野詣の起点として、江戸時代には大坂・京都を行き来する三十石船の発着場としてにぎわった八軒家浜から、御祓筋、大阪城西側周辺を歩きます。 大正15年に竣工し、モダニズム建築のさきがけとなった大阪府庁本館は、現役で使用されている全国一古い都道府県庁舎です。                                                                              
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

ガイドさんから一言

ガイドさんから一言
竹山 栞さん

コースの行程

天満橋駅北改札口~八軒家浜船着場跡~渡辺津記念碑~八軒家浜~熊野街道~大坂町中時報鐘(仁政の鐘)~大阪東町奉行所址碑~大阪府庁(正庁の間、展示室ほか)~大阪英語学校跡碑~舎密局跡碑~井原西鶴終焉の地碑~月山貞一旧居跡~山本能楽堂~宇野浩二文学碑~地下鉄谷町四丁目駅                   

実施概要

実施日時
5月18日()13:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名   ガイド:竹山 栞
集合場所
地下鉄谷町線天満橋駅北改札口前
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。