尼崎

尼崎は摂津の国

~尼崎を大阪あそ歩流で歩いてみると~

demo demo
江戸時代尼崎は大坂と供に幕府にとって西を守る拠点とされ譜代大名が納め、酒蔵のある伊丹、西宮を背景に街道としても発達しました。
近代では、尼崎紡績の設立をきっかけに海岸部には化学機械鉄鋼などの工場が設立されました。
市外局番は大阪市内と同じ06番、大阪とのつながりが深いまちです。
demo demo
demo demo

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

阪神大物駅~ユニチカ記念館~文化財収蔵庫~尼崎信用金庫 世界の貯金箱博物館~城跡~地域研究史料館(総合文化センター)~中央公園(阪神尼崎駅)

実施概要

実施日時
5月16日()13:00
予約受付を終了しました
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名   ガイド:井川聡江
集合場所
阪神電鉄本線阪神なんば線大物駅改札口前
所要時間
約2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。