江戸堀

【予約不要】時代を先取りした難波の賢者たち

予約なしで集合してください。

demo demo
江戸時代の江戸堀界隈は、当代一流の知識人・学者の宝庫でした。幕末の志士たちが読みふけった『日本外史』の作者・頼山陽が生まれ、蘭学者・中天游の私塾・思々斎塾が開かれ、そこには緒方洪庵が学びに訪れました。また洪庵の弟子で、日本近代陸軍の父・大村益次郎が寓居して、明治以降には反骨のジャーナリスト・宮武外骨が『滑稽新聞』を発刊したのも江戸堀です。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

当コースのあそ歩百景

写真をみる

ガイドさんから一言

ガイドさんから一言
茶谷 幸治さん

コースの行程

肥後橋駅~頼山陽生誕地~金光教玉水教会会堂~先賢景仰碑~関西法律学校発祥の地~中天游邸跡~此花乃井~花乃井橋跡~宮武外骨ゆかりの地碑~薩摩藩蔵屋敷跡~大阪上等裁判所跡~大村益次郎先生寓居跡~日本基督教団大阪教会(国指定登録有形文化財・ヴォーリズ設計)~肥後橋商店街(日本一短い商店街)~肥後橋駅

実施概要

実施日時
10月21日()13:00
予約受付を終了しました
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。【予約不要】予約なしで集合してください。
定員 50名     ガイド:茶谷幸治
集合場所
大阪メトロ四つ橋線肥後橋駅南改札口前
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。

オーダーあそ歩

このコースは10名以上のグループでお申し込みいただければご希望される日程にまち歩きが実施できます。
詳しくはこちらをクリックしてください。