本田・千代崎

九条島に眠る悲しいお話

~遊郭松島跡や竹林寺朝鮮通信使のこと~

demo demo
九条に眠る二つの哀話と、壮麗な船渡御をイメージしながら歩きます。豪農・池山新兵衛によって開発された九条島。大坂市中への海の玄関口として賑わい、松島の竹林寺は朝鮮通信使節の宿坊にもなりました。また慶応4年(1868)に大阪開港と同時に川口居留地が設けられると、外国人の遊興地として松島が選ばれ、大阪市中のあちこちの遊郭が集結。大阪最大の遊郭・松島遊郭が設けられました。朝鮮通信使が立ち寄る風光明媚で、文明開化の頃から一層華やいだ街。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

コースの行程

西長堀駅~松島橋の碑~九条島と朝鮮通信使の碑~梅本橋顕彰碑~竹林寺(朝鮮通信使の墓)~九島禅院~茨住吉神社~大阪市電創業の地碑~千代崎橋~天満宮行宮~京セラドーム大阪~ドーム前駅

実施概要

実施日時
5月31日()13:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名     ガイド:大西趣卓
集合場所
大阪メトロ長堀鶴見緑地線西長堀駅4A出口地上
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。