大阪あそ歩のガイドさんたち

淺井 敏次

淺井 敏次さん

谷町四丁目から九丁目あたり、高津、空堀界隈のガイド、淺井です。
歴史、文化、芸能の多彩さと奥深さを感じながら、おもろい高津の「まち歩き」を楽しみましょう。
太閤秀吉が400年近く前に建設した太閤下水は今も使われ地下施設を見学できます。空堀商店街の裏側は冬の陣の激戦地、古い長屋を再生活用した複合施設「惣・練・萌」など、新と旧がクロスオーバーした風景、ユニークなお店のこだわり、コミュニティーがあります。  

高台の上町台地に仁徳天皇が難波高津宮を建立、現在の高津宮は坂田藤十郎、片岡愛之助、桂文枝などが参拝する神社で、文学、浄瑠璃、歌舞伎、落語と幅広い芸能の中心人物がいたまちです。

近松門左衛門の歌舞伎、文楽の戯曲、井原西鶴が住み、熊野街道、や暗超奈良街道など「いろんな事」、「いろんな場所」とのつながりがあるところで、「大歴史小説家」と菊池寛が絶賛した破天荒な直木文学の舞台、桃園・「のばく」・空堀なども歩きます。

ガイドコース

まち歩き 蕪村が流浪った菜の花道と無国籍シティ・迷宮の中崎町路地裏を歩く ~月は東に 日は西に~
まち歩き ここがむかし都だった!?難波長柄豊崎宮のヒミツ ~父は長柄の人柱。鳴かずば雉子も射られざらまし~