大阪あそ歩とは?

「大阪あそ歩」は、2008年10月、大阪コミュニティ・ツーリズム推進連絡協議会(大阪市、大阪商工会議所、大阪観光コンベンション協会=現・大阪観光局、その後、大阪あそ歩委員会が加入)の事業としてスタートしました。
 チーフ・プロデューサーに茶谷幸治が就いて、当初の2コースから3年目には150コースに拡大、日本一の規模の「まち歩き」プロジェクトになりました。2012年春には事務局を独立させ、すべての活動をガイドと参加者が協働して支える組織として再構成され、現在は財政でも運営でも完全に自立した市民活動として存立しています。茶谷のあとを受けて山田重昭がチーフ・プロデューサー、井川聡江がプロデューサーに就任し、公認ガイドの自発的な参加をもって、営利を求めない一般社団法人として、「まち歩き」「まち遊び」の一年を通じた活動が進められています。

「大阪あそ歩」は、発足以来「大阪は、まちがほんまにおもしろい」をキャッチフレーズにしています。大阪はざっと1500年もの歴史をもつ都市ですから、奈良や京都よりも古い歴史をもっています。しかも、この1500年間、このまちの文化や経済を担ってきたのは、いつも私たちと同じフツーの人々、いわば町人。天下の財の8割を集めたといわれる元禄のころには、人口40万人のうち武士はたったの8000人ですから、98%を占める町人が好き勝手につくり上げたのが大阪という都市です。その結果、権力を嫌い、自由気ままを好む気質が大阪の人々に受け継がれています。おもしろくないわけがありません。「大阪あそ歩」は、そんな大阪をもっと知り、もっと楽しもうとするものです。
 現在、「大阪あそ歩」には150の基本コースがありますが、それは150の町人のまちがあり、それらすべてに奔放な人間ドラマがあるということです。「大阪あそ歩」ではそんな150もの「まち」を、次から次へと味わいつくすことができます。
「大阪あそ歩」のユニークな取り組みが評価されて、4年目に「観光庁長官表彰」を受賞しました。現在(2017年秋)までに累計30,000名もの人々が「大阪あそ歩」に参加されています。

2017年秋    一般社団法人大阪あそ歩委員会
          代表理事 茶谷幸治