万葉集にも、『源氏物語』では光源氏もこの島を詠んでいる

~佃漁民ゆかりの地、なぜか家康の東照宮がここに~

demo demo
淀川の下流部にあたるこの辺りは、難波八十嶋(やそしま)と言われたほど多くの島々がありました。古くは田蓑島と呼ばれた佃島には難波の海で魚を獲る多くの漁民が生活をはじめました。古代、鶴が舞い降りると詠われた佃をつぶさにまわります。*川向こうの大和田には行きません。マップ集にはありますがご了解ください。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

阪神・千船駅〜見市家と藪床(佃鍬入の地)~左門殿川~田蓑神社~紀貫之の歌碑~神崎川~(阪神千船駅)

実施概要

集合場所
阪神電車本線千船駅改札口前
所要時間
2~3時間

オーダーあそ歩

このコースは10名以上のグループでお申し込みいただければご希望される日程にまち歩きが実施できます。
詳しくはこちらをクリックしてください。