道頓堀

道頓堀繁盛記

~開削400年!いま道頓堀が熱い~

demo demo
太閤・豊臣秀吉の命令で安井道頓(成安道頓)、安井道卜らが開削した道頓堀(1615年完成)は、寛永3年(1626)、芝居および遊所の設置が許可されて以降、大坂を代表する繁華街として発展してきました。中座、角座、竹本座、浪花座、弁天座、朝日座といった櫓(芝居小屋)では、坂田藤十郎の和事の歌舞伎や、近松門左衛門の心中物の人形浄瑠璃、世にも珍妙なからくり芝居などが演じられ、芝居の見物客が利用した芝居茶屋や飲食店からは「くいだおれ」の食文化も生まれました。数知れないエンターテイメントを産み出してきた、「なにわのブロードウェイ・道頓堀」を歩いてみましょう。
今回も「更科」の白蕎麦、新たなメニューを加えての道頓堀の映像と音楽をたのしんでいただきます。開削400年イベント(ミナミ400年祭)のご紹介も。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

地下鉄・日本橋駅~安井道頓・道ト紀功碑~弁天座跡~豊竹座跡~相合橋~朝日座跡~角座跡~太左衛門橋~道頓堀今井~中座跡~竹本座跡~大阪松竹座~戎橋(最寄り駅:地下鉄・なんば駅)

実施概要

集合場所
地下鉄千日前線・堺筋線日本橋駅東改札口前
所要時間
2~3時間

オーダーあそ歩

このコースは10名以上のグループでお申し込みいただければご希望される日程にまち歩きが実施できます。
詳しくはこちらをクリックしてください。