〈久しぶり〉津守

津守今昔ものがたり

~津守神社から津守新田会所跡、西天下茶屋銀座商店街まで~

demo demo
津守は元禄11年(1698)に金屋源兵衛と横井源左衛門が開拓しました。元禄15年(1702)、幕府に金1250両を納めて公認の所有地と認められ、津守新田と名付けました。しかし、宝永4年(1707)に大地震が発生し、この被害で経営難に陥り、新田経営を譲渡しました。その後も大洪水などで経営者は2回代わり、天明4年(1784)、炭屋善五郎が新田経営者となりました。この炭屋善五郎が現在の白山家の祖先です。
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

南海・津守駅~西成公園(大日本紡績株式会社津守工場跡)~鶴見橋跨線橋~津守下水処理場~津守神社~津守新田会所跡~南津守さくら公園~十三間堀川跡~ふたりっ子銅像~西天下茶屋駅

実施概要

実施日時
5月18日()13:30
予約受付を終了しました
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名   ガイド:中村敦一
集合場所
南海電車高野線(汐見橋線)津守駅改札口前
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。

オーダーあそ歩

このコースは10名以上のグループでお申し込みいただければご希望される日程にまち歩きが実施できます。
詳しくはこちらをクリックしてください。