百済

生野に残る古代朝鮮の残照

~古代朝鮮半島の地名がなぜこの地に?~

demo demo
百済地区では、古代より朝鮮半島から渡来人を積極的に受け入れ、技術や文化を吸収してきました。朝鮮半島で百済国が滅亡した時(660年)には、多数の亡命者が来日し、百済王一族もやって来ています。そのゆかりで現在でも「百済」の地名がまだ残っている所がありますが、そうした古代朝鮮文化の痕跡を訪ね歩いてみましょう。
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

JR東部市場前駅~百済駅~奥村橋~市バス「百済」バス停・旧百済商店街~成恩寺(寝釈迦石像・力士の墓)~生野八坂神社~桑津街道~生野神社・舎利尊勝寺~鶴橋洗堰(めがね橋跡)~大池橋~大池橋交差点(最寄り:大阪市バス「大池橋」バス停)

実施概要

集合場所
JR大和路線東部市場前駅 加茂方面行きホーム
所要時間
2~3時間

オーダーあそ歩

このコースは10名以上のグループでお申し込みいただければご希望される日程にまち歩きが実施できます。
詳しくはこちらをクリックしてください。