なんば・千日前

元刑場にしていま、食と娯楽の天国。なんでこんなまちができたのか?

~江戸から明治から現在へ、激動の千日前を語る~

demo demo
大阪の千日前はそもそもが法善寺さんの千日供養の場所。江戸時代には刑場があり墓場があり、そして寺がありました。そこが近代になって突如「見世物」「演芸」「映画」のまちとして変身します。「楽天地」から「歌舞伎座」へ「プランタン・千日デパート」へ。大劇のOSKレビューも、芦辺劇場のネオンサインもいまは昔。この変遷をリアルに語ります。当時のSPレコードや映像も「いちびり庵」3階で珈琲を飲みながら、大正・昭和のミナミの様子を動画と音楽で懐古しましょう!
demo demo

コースの行程

日本の映画発祥の地から、お笑いの吉本の拠点、あの娯楽の殿堂「楽天地」のあった場所、松下幸之助さんが電飾工事を担当した現場とは、そして法善寺へ。ここの神様は? 横町の藤山寛美が書いた文字の謎、道頓堀川からミナミの大阪なにわのディープスポットを探索します。

実施概要

集合場所
地下鉄御堂筋線なんば駅南南改札口前付近
所要時間
約2~3時間