〈古地図〉今宮

吉兆もろて、めでた顔なる、えべっさん

~西の海・日想観の天王寺さんから、西の海・幸をもたらす戎さんへ~

demo demo
今宮戎神社は、四天王寺建立にともない西方の鎮護としておまつりされたのが始まりと伝えられます。平安中期には宮中に鮮魚を献進、後期には四天王寺の西門に開かれた「浜の市」の守り神として祀られ、やがて商業の神様として大阪町人の活躍を見守ります。今回は古地図片手に四天王寺から逢坂を下り、今宮から難波入堀川跡に沿って難波へと歩きます。古地図に描かれた天王寺、長町、今宮は明治36年の第5回内国勧業博覧会にともない大きく変化を遂げた地域でもあります。ぜひご一緒に!!                                                                     
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

ガイドさんから一言

ガイドさんから一言
竹山 栞さん

コースの行程

四天王寺・西門~逢坂~玉出水旧跡碑~合邦辻(閻魔堂)~小西来山十万堂跡~今宮戎神社~廣田神社~徳風学校跡~木津地方卸売市場~クボタ本社~難波入堀川跡~日本工芸館~「鼬川くり船発掘の地」の碑~難波御蔵・難波新川跡の碑~大阪球場記念プレート~難波パークスで解散

実施概要

実施日時
4月28日()13:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名   ガイド:竹山 栞
集合場所
四天王寺・西門前
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。