道頓堀

変わりゆく食い倒れのまち道頓堀

~昭和50年の「食べ歩きマップ」を参考にまちの移り変わりを訪ねます~

demo demo
訪日外国人に占領された感がある道頓堀界隈。まだ、中座などが残り、芝居小屋の雰囲気があった昭和50年の「食べあるきップ」を参考にまちの移り変わりを訪ねます。

太閤・豊臣秀吉の命令で安井道頓(成安道頓)、安井道卜らが開削した道頓堀(1615年完成)は、寛永3年(1626)、芝居および遊所の設置が許可されて以降、大坂を代表する繁華街として発展してきました。中座、角座、竹本座、浪花座、弁天座、朝日座といった櫓(芝居小屋)では、坂田藤十郎の和事の歌舞伎や、近松門左衛門の心中物の人形浄瑠璃、世にも珍妙なからくり芝居などが演じられ、芝居の見物客が利用した芝居茶屋や飲食店からは「くいだおれ」の食文化も生まれました。数知れないエンターテイメントを産み出してきた、「なにわのブロードウェイ・道頓堀」を歩いてみましょう。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

ガイドさんから一言

ガイドさんから一言
松下 和史さん

コースの行程

地下鉄・日本橋駅~安井道頓・道ト紀功碑~弁天座跡~豊竹座跡~相合橋~朝日座跡~角座跡~太左衛門橋~道頓堀今井~中座跡~竹本座跡~大阪松竹座~戎橋

実施概要

実施日時
5月23日()15:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 10名   ガイド:松下和史
集合場所
地下鉄千日前線・堺筋線日本橋駅2号出口地上
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。