津守

紡績工場が国を造った頃の繁栄をしのんで

demo demo
大日本紡績津守工場があった頃の南海汐見橋線はどうだったのだろうか。工場の女工さん、職工さんが休日を楽しんだ鶴見橋商店街や新世界見て歩く。
前編として南海汐見橋駅から津守を経て南海萩ノ茶屋まで。
じゃりン子チエが飛び出してくるかも・・・
demo demo
demo demo

ガイドさんから一言

ガイドさんから一言
旗手 節人さん

コースの行程

汐見橋駅~汐見橋線木津川~津守~大日本紡績津守工場跡地~津守商店街~鶴見橋商店街~花園~南海萩ノ茶屋駅

実施概要

実施日時
10月9日()14:30
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※別途南海運賃150円。当日お釣のないようにお持ちください。
定員 10名   ガイド:旗手節人
集合場所
南海電鉄汐見橋線汐見橋駅改札口前(阪神電鉄なんば線桜川駅、地下鉄桜川が直近) 
所要時間
約2~3時間

南海電鉄切符代150円はご負担ください。

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。