能勢町

大阪のてっぺん

~壇ノ浦から能勢の野間郷に潜行された『安徳天皇』の御陵を巡り、能勢街道沿いに能勢氏ゆかりの史跡を歩く~

demo demo
①1871年、従来の定説をくつがえす古文書(安徳天皇の侍従藤原経房が子孫に書き残した遺書)が野間出野村で発見され、明治35年、遺書に記された岩崎神社の社殿下から、1181年在銘の銀の経筒、鏡、刀剣10本等が発見された(現在、東京国立博物館に保管)。②源国基を祖とする能勢氏の居城跡、陣屋跡、菩提寺、野間の大ケヤキなど自然一杯の能勢の里山を満喫しながらゆったりと歩きます
demo demo
demo demo

コースの行程

妙見口~(阪急バス)~(阪急バス東郷小学校前下車)~地黄城・地黄陣屋跡~丸山城跡~清普寺~野間神社~岩崎神社(安徳天皇御霊地)~野間の大ケヤキ~(休憩)~(阪急バス本滝口乗車)~妙見口駅 バス代830円別途要

実施概要

実施日時
10月4日()12:50
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名    ガイド:田村哲夫
集合場所
能勢電鉄妙見口駅改札口前
所要時間
約3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。