川口居留地

大阪港ものがたり

~貿易のまちから教育へ~

demo demo
明治新政府は、徳川幕府が結んだ「安政の条約」に基づき、この地に川口運上所を設置。慶応4年(1868)7月より、外国人の居留地として、この地が競売され、イギリス、アメリカ、フランスの人々が住み始めた。一時期最大で99人が居住した。
居留地として長崎、横浜、神戸に続いてでき、「川口居留地」という名称となった。川口居留地は、道路が舗装され、煉瓦造りやガラス窓の建物が建てられた。しかし、神戸と比べ、大型船の出入りが不便であり、また鉄道が、大阪神戸間で開通されたため、さびれていった。そのうち宗教関係者が住み始め、学校、孤児院、病院等が建てられた。明治32年(1899)7月、治外法権の撤廃により居留地は消滅し、大阪市西区に編入された。
demo demo

コースの行程

地下鉄阿波座駅~京町堀川跡~雑魚場橋跡~大阪市役所江之子島庁舎跡~大阪府庁江之子島庁舎跡/明治天皇聖躅碑~ファーブル・ブラント商会跡~オラメル・ギューリック邸跡~聖バルナバ病院発祥の地~ジョン・マキム邸跡~平安女学院発祥の地~プール学院発祥の地~安治川橋跡~桃山学院発祥の地、聖三一教会・三一小学校跡~英国国教会の宣教師チャールズ・フレデリック・ワレン邸跡~大阪信愛女学院発祥の地~イギリス領事館跡~居留地事務所跡~川口居留地跡碑~大阪製氷所跡~三一神学校跡~ハンター商会跡~大坂船手会所跡~大阪女学院発祥の地~川口基督教会・英和学舎・聖テモテ教会跡~オランダ領事館跡~カッフェー・キサラギ跡~飯田家邸跡~古川跡~外人雑居地の跡 大阪中華街跡~富島天主堂跡~川口運上所跡(大阪税関発祥の地)~同志社大学創設者 新島 襄 寓居跡~江島橋跡~薩摩藩御用商人 濱﨑太平次の経営「ヤマキ」大坂支店跡~薩摩藩蔵屋敷(下屋敷)跡~薩摩堀川跡~イギリス公使ラザフォード・オールコック宿泊の地(顔教寺)跡

実施概要

実施日時
8月30日()13:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 10名    ガイド:長谷吉治
集合場所
地下鉄中央線・千日前線阿波座駅北改札口前
所要時間
約2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。