中之島図書館セミナー

【セミナー】大阪の事件簿その1 地形から読み解く大坂の陣

徳川の敵は「ぬかるみ」だった

徳川方の関西の拠点は京都の二条城と伏見城でしたが、徳川方は京都と大坂の最短ルートである京街道を通らずに、大きく南を迂回して、奈良や生駒山麓を経由して大坂に入ります。冬の陣では、真田丸の戦いが有名ですが、徳川方がぬかるみに悩まされる鴫野・今福の戦いも見どころです。 夏の陣では、大坂南東部の道明寺・八尾で戦闘が始まり、最終決戦は大坂城の南側、上町台地上の天王寺・岡山の戦いでした。なぜ大坂城の北方・東方で戦闘が行われなかったのか?その秘密は大坂の地形にありました。

コースの行程

実施概要

実施日時
8月29日()14:00
参加予約
参加費用 500円 ※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 50名     講師:酒井裕一
集合場所
大阪府立中之島図書館 別館2階会議室
所要時間
1時間30分

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。