大阪あそ歩のガイドさんたち

田野 登 

田野 登 さん

昭和25年大阪市福島区生まれ。3年間通学し、教員となって母校の生徒たちと地蔵調査に歩いた「市岡」をご案内します。かつての大阪湾沿岸最大の新田・市岡を安治川から尻無川まで横断します。「鯊釣るや水村山郭酒旗の風」と謳われた長閑な農村。築港事業による都市化、空襲、台風による被災…。天変地異著しいこの地に、近世から昭和にかけて、新田会所・波除山・尻無川甚兵衛小屋・市岡パラダイス・一岡ビル・弁天埠頭の遺蹟を訪ねます。新田西瓜は土手カボチャのような不細工な瓜だった!お味の方は如何?
博士(文学)

ガイドコース

まち歩き 懐かしの別府航路いまいずこ ~弁天埠頭解体後の今を見る~
まち歩き 石畳路地の郷愁に誘われて大和田街道をゆく ~水郷・海老江から浦江聖天を経て「売れても占い商店街」まで~
まち遊び 【中之島図書館コラボ企画】歌枕「田蓑の島」の世界 ~近世「浦江村」との関係~
まち歩き 田蓑島・王仁博士伝承地の検証! ~ゴールはスカイビル「紅葉の森」~